英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

兄は今、近所のお姉ちゃんにもらった自転車に乗ってるんだけど。
随分女の子色を払拭したつもりなんだけど、タイヤのフレームなかに
ピンクが残ったりしてるんだよね~。








心ない同級生なんかは、道でばったりあうと、







「わ、きもっ!ピンクや!」なんていって去っていったりする。








でもね、バスケの友達は一切そういうことは言わない。
逆にそういうことを笑いにしたり、肯定的に「ふ~ん」って思ってくれる
というか、気にしないというか...。







おれの二重あご、おばあちゃんから代々引き継がれてる!とか(笑)
合宿でも部屋付きのトイレにこもることもある(学校じゃNo.2ははなかなか
できないよね(
いたずらで部屋のトイレのドアを開けても、「わお~」って笑いに変える強さ?笑 
も備えた小学生男子たち。私は合宿では必ず便秘になってたけど、
彼ら、毎日部屋のトイレで快便だったもよう








一つは、何かに一生懸命になってる子たちは、
見た目とか周りの目とか、あんまり気にしないように思う。








こういうの、恥ずかしい時期なんだよね~。
まあ兄本人は、あんまり気にする方じゃないからこそ、そういうお古の
ピンクの入ったのに乗るんだけどね。実際に、きもっ!って言われると
気分悪いよね~。







でもこういう開き直りというか、恥ずかしさを肯定できる時期って、
私の場合はもっと遅かったから、すごくありがたいなあと思う。








僕は僕でいい!そう口で言っててもなかなかね。
だからこそ、バスケのチームよありがとうっていいたい
持ち物や見た目じゃなく、兄といると楽しいと言ってもらえる感覚。
そして、自分はこれでいいんだっていう気持ち。
これからもいろんなことがあるだろうけど、ある種の自己肯定感、
大事にしていってもらいたい。




にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

いろいろ・・・よくわかる(*^_^*)

今日はこの一言につきます!

子育ては、自分一人を守ってればよかったときとは違う気持ちを、いろいろ知ることもあるね。
お互い、自分を信じて前を向いてくれる子供たちを育てられるといいね☆
2016/05/14(土) 16:08:54 | URL | 鎌倉R #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
鎌倉Rちゃん


ね。読んでくれてありがとう♪♪

Rちゃんところはもう大きいから、(え、もう
反抗期みたいなのは過ぎた~?)想像できないわ~笑
私自身が通ってきた道なのに、子どもはまた別だよね~


うん。自分の気持ちを素直に受け止めて、前に進む勇気をもってほしいな。
2016/05/16(月) 06:30:14 | URL | Wondermama #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1958-a03595ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック