英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

金曜日の放課後、兄はバスケに英会話と、忙しいかと思って
いたのですが、そうだそうだ、金曜日は唯一の5時間授業。
3時に帰ってくるのでした...。









とりあえずバスケを早く切り上げて、8時半に英会話予約~。
しばらくとっていた男の先生をやめて、iTalkの別の男の先生で。









久しぶりにフリートーク♪
バスケットボールの話に花が咲いたようだけど、以前よりも、
しっかりと話そうという気が強いのか、やけに慎重になってたな。








でもまあ、先生もよく聞いてくれる人だし、スピーキングにはいいなと
思ったんだけど、そういう場合はテキストはどうしたらいいんだろうな。
なし?コースブックにすると、先生が主導して、それにパターン化して
答えていくことが多いから、どうも会話するとか、文を組み立てていくって
いうことから離れていく気がする。








テキストの方は女の先生のレッスンでやってもらっているから、iTalkでは
フリートークぐらいに兄が主導で話をして、それを聞いてもらって訂正&
出てこなかった単語をチェック。..ぐらいにしてほしいんだけどなあ。
でも、ただフリートークってやりにくい。テーマがあれば...。









ってことを先生にそのまま伝えようかな。プラス相性のいいgood listenerな
先生を捜そう










妹のiTalkの先生は、笑顔が優しそうな女の先生。
4年ぐらい前に一度やってみたんだけど、ぞうさんか何かのパペットで
ものっすごい笑顔のHEllo~!とか歌を歌い出したりして引いてしまった妹(笑)









さすがに先生もそういうのはなくなっていたし、妹も成長したな~
とにかく、レッスンは逃げ出す物ではない!ってわかっただけでも(レベルがwww)








妹は、優しそう!って言うてたし、Starfallの読みをしたんだけど、
上手ね~って(とても簡単なものの読みと読解を)褒めてもらって
気分はいいみたいだけど...。









事前にこういうのを読む!ってけっこう細かく書いて送ったんだけど、
結局レッスンが始まってから、Starfallにたどり着くまで15分ぐらい
あーだこーだって読む本を探す先生。
(いや、たどりついたのがStarfallか~~って私はちょっと不満笑)









ORTのこんな本を読みますって指定までしてるのに、もうちょっと準備があってもよくない?
って思ったりいや、実際は始まってから探す人が多いけどね。
それでもしょうがないか~って思えなかったんだよねー。
「私がファイルをダウンロードしてる間、はい、趣味はなに?どんどん言って!」
みたいな感じがどうもね~~。
ずっとクリアファイルで扇いでたり..
.(フィリピン暑そうだけど、事務所に扇風機もないのかな笑)










ってことで、私の印象は悪かった











妹、Starfallが好きだから、終わってからも一人で遊んでたけど、
Starfallが好きだからあの先生がよかった。。。ってのも否めない。









とはいえ、次の先生をあたるときは、私ももっと具体的に書いてみます。
ORTとかテキストのことなら、先生は全体的に把握してらっしゃると
思ってるところがすでに違ったみたい。人に伝えるって難しい(笑)
iTalkは先生が豊富だから、いろんな先生にあたってみよう







にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1936-577dfaf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック