英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

昨日の兄のオンライン英会話で、先に送られてきた資料は
”Relative Clauses"(関係代名詞)の穴埋め問題でした。









えっ、関係代名詞って、兄、そんなんわかるのか?というか、
先生、子供にどうやって教えられるんだろう~って興味津々(笑)









まず、最初の5分ぐらいは問題解きながら説明されてた。
人に使うのはwho, それ以外はwhich, ~のっていうのはwhoseみたいな
感じで、英語でとてもわかりやすく~。









兄も、なんとなんとなくはわかってたんだろうな~。
あとはスムーズにいったようす。









この”なんとなく”っていうのが、親子英語ワールドのすごいところ
なんだろうな
教えてなくても、今まで読んだ本とか、映像でわかる…。
英語短冊にも、そういえば私も使ってた~。








関係代名詞って言葉は知らなくても、そして教えなくても、なんとなく…。








確かに、日本人が日本語を覚える時も、特に文法を学ばずとも
話すようになるし、読めるようになるし…。
それと同じかもしれないけど、昔”英語”を学ぶ上で母が触れたものとは
メソッドが全く違うことを目の当たりにして、改めて
子供たちはまだまだこのままいこう~!と思えたのでした








こうやって小さい子どもさんでも、難しい英検級をとれちゃうんだね~。









普段の本読みや”音聞き”だけでなく、こういったワークが活きてくるのも確か。
小学校の国語でも国語の文法を学んで、文法のワークするもんね。
”関係代名詞”って言葉を特に知らなくても、英語の法則を知って、
自分が普段使ってきたものを整理する感覚は大切だと思う~~!









この辺りのワークやプリント、もう少しうちでもフォローしたいところ。
病気で冬休みが全部なくなっちゃった兄。
兄もやりたかったことができなかったけど、母も一緒に取り組みたかったことが
できなかったので、そろそろそ以前やっていたワークも再開してみよう








にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1856-1a9f0879
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック