英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

兄のくもん、5枚のペースを落とし、
1日2~3枚(しかも復習)でいいので、日本語の本を1冊数日で読み切ろう!
という日が続いている~!











ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))
昨日はこれをくもんから借りてきて読んだみたい。









実は、何冊か50ページ程度平行して読んで、すべて放っておくってやつ
これ、私の悪い癖でもある
くもんの先生から、ペース落として”本読み切る”ことに焦点を当てよう!
って言われた時にはっとした~!









1冊読み切ったら、気持ちがいい~。
それはすごくわかるのに、いろんなことが起きて、本を読み切るのを
忘れていたり、後回しにして結局読まなかったりな私。








そうやって、読書がいまいち”好き”とは言い切れないまま
大人になってしまった…という気がする。











兄のワークブックやアクティビティにしても、
私がほっぽらかしたがゆえの、フェードアウトってのも、
そういえば少なくないかも
そんなのは、私で終わらせなきゃなーーー








ある意味、淡々と、子供と毎日同じことをする!
そういうの、大事な気がする…









だから、またまた、くもんの先生ありがとう










Horrid Henry's Nits (Horrid Henry Early Reader)
Horrid Henry's Nits (Horrid Henry Early Reader)Francesca Simon Tony Ross

Orion Children's Books (an Imprint of The Orion Publishing Group Ltd ) 2010-08-05
売り上げランキング : 561828


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
そんなこんなで、兄、昨日はあっさり一気にこれも読み切った(1651words)
もしかして今までで一番長い本かそれに近いか。
Horrid Henryだから読めたのかも…だけどwww









これからも、彼のペースで淡々と、粛々と、進めたいと思う~~







にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1838-7b508ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック