英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

2016年の目標!!ではないけれど、また、読んだ英語本の語数を
数えてみようかな、と思ったりしている~!









で、語数ってどのサイトで検索してみてたっけ?と思ったら、
自分の過去ブログにたどり着き、(語数検索サイトについての過去ログ→こちら
チェックしてみた。なつかしい。









この時は、兄に対する読み聞かせ語数だったんだよな~懐かしい。
確か、100万語行ったんじゃなかったっけ?と思ったけど、
どうしても、94万語達成記事しか見つけられない!
これが兄、1年生の終わりごろ。英語育児よりも日本語本!とか
算数の記事が増えてきて、英語育児絶滅の危機に…










語数数えるのやめたころ、英語育児もフェードアウトしていったんだ。
ひゃ~~~~兄、もう4年生終盤!!!










わ~~~軽く、空白の2年半…泣
過去ログはうそつかないね(泣)








それでも、3年生の時に”ローマ字”を習い、あれ?ちょっと英語が読めるように
なったかも?なんて時期を経て、ひどい時には週0~1ぐらいのオンライン英会話と
月数回の読み聞かせでつないで(?)、なんとか、
ここ3か月ほどの”英語、カムバック”時期に至る(笑)
だいぶ放棄したな~って改めて。そして妹には
ほんとに読み聞かせさえしてないんだなー









妹はね、途中公文英語に入会したから、自分で読めるようになったんだ。
ありがたや(このままじゃいかん!という気持ちはあったのか、外注したのだ)。










ってことで、










そんな反省も十分にこめて!今度は読み聞かせ語数ではなく、一人読み語数!
2人ともやってみよう~。これは、私のモチベーション維持用だな(笑)









そんな昨日は、こんな本が届き~










The Berenstain Bears Thank God for Good Health (Zonderkidz I Can Read)
The Berenstain Bears Thank God for Good Health (Zonderkidz I Can Read)Stan Berenstain Jan Berenstain Mike Berenstain

Zondervan (J) 2013-02-05
売り上げランキング : 40626


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Berenstain Bears大好きな兄は、すぐ読んでた。
ちなみに語数611語♪
他の本も入れたら、ざっと1000語ほど読んだか。









Oxford Reading Tree: Stage 5: More Storybooks A: it's Not Fair!
Oxford Reading Tree: Stage 5: More Storybooks A: it's Not Fair!Roderick Hunt Alex Brychta

Oxford University Press 2008-01-10
売り上げランキング : 1635758


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
これは妹~(349語)









あれ?来年の目標にしようと思ったけど…
フライング…もう始めようかな。








にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
語数カウント
いいね♪
私も数えていた日々があった…!(笑)
その頃は、やっぱり毎日意識するし、モチベーションにもなったし英語率高かったな…
我が家も、また数えていこうかな!!
2015/12/25(金) 04:33:32 | URL | リンココママ #- [ 編集 ]
Re: 語数カウント
リンココママさん~

そうなん?リンココママさんも数えてたん?
ね~親のモチベーションよね(笑)

もうフェイドアウトしないためにも、これを毎日自分に課すわ~
なんつって、結構楽しかったりする~!
2015/12/25(金) 09:05:59 | URL | Wondermama #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1835-b1dc312a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック