英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、4年生の兄と1年生の妹の日常をつづっています♪

昨日はくもんの帰りに、久しぶりに先生とお話しする時間があって、
兄のこくごについてアドバイスをいただいた~!








今必要なのは、1冊を読み終える体力。
これは、頭の素地とは別物で、とにかく途中でやめずに、
1冊を読み切ること!








くもんに入ってから(1年半)、ここまでブレーキかけずに
やってきたんだけれど、Gに入ってその難しさとたぶん長さもあいまって
苦戦してたのは確か。このままG2に入ったけれど、いいんだろうか~と
私も思っていたところ、先生からもう一回G1を味わってみようという助言。










先生は、事務局の方などとに、兄のことを話してくださったようで、
今までスムーズに来てた分、お話をたっぷり味わっていないかも
しれないから、ここはゆっくりG1で力をためて、おもしろいなと思ってもらいたい。
H,Iになると今の3~5倍の量になることもあるから…ということだった~。










ほんとにありがたい!
まさに、Gに入って、今までの手ごたえがなくなり、手ごわくなったのは
明らか。それとともに、くもんで先生おすすめの本も借りてきた兄。









兄もこういう大人のやりとりを聞くのが好きで、横で「先生、例えるの
うまいよなー」なんて生意気なことをいいながら、実はやる気になった様子。









そして、今ちょうど英語のお友達とも、どうやったら多読に結び付けられるか
ひいては、英語全体の底上げの方法などを話しているところだったので、
言語は違えど、先生のお話はすごく興味のあるものだった~。









本をどうやったら好きになるかな~っていう観点から考えていたけれど、
”本を読む体力”っていう発想はなかったな。そういえば、英語の本なんかも
あちこち30ページほど読み散らしては次に…で、全部読み切ってないことの
方が多いんじゃないかな。
それを全部読み切ってみよう。日本語で起きていることは、きっと
英語にも通ずるはず!!つながったな~♪








にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1827-82fb077c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック