英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、兄は科学館へ遠足でした。
久々にプラネタリウムを見たそう。
おじさんの解説がめちゃくちゃおもしろかったらしい。
男子3人が女子3人とはぐれて大変だったらしいけどwww









さて、ずいぶん疲れてそうだったけど、とりあえず公文へ。
なかなか難しく、悩むところに入っている兄。
2時間、宿題のやり直しに悩みに悩んで解けて…。それだけで終了。









妹はもっと時間がかかってね。
それでも国語しかできなかったって。
めちゃくちゃ難しくて、わからなかったから悩んでたらしい。








「さんねん峠のとこー、全然わからんかってーん」と妹がいうと、
兄が「あ~~~あれ。わかるー。覚えてるわ~。」








今妹がやっている国語はBで、兄は去年、3年生の時に公文に入った時、
Bから始めた。だから、ここは共通してるんだな。
2人して同じところでつまづいたよう(笑)








まあ、一生懸命悩むことはいいことです。
2時間かけてこれだけ~~!何があった~~~?と思ったけど、
それなりに考えてる気がします。兄は特にね。









妹は、まだ、だらだら、「先生、わからーーーーん」と放棄しそうになる
時もあるらしい(兄、いわく)ですが、それでも帰れない、やめられない、
という状況にいることも大事だと思う~。その間に、しっかり
問題と向き合おうという時間が少しでも出てくるはず。








そして、いつもなら校門で待ってすぐに公文にいくんだけど、
木曜日は後に兄のウェブレッスンもないし、遅くなってもいいから
2人が帰宅後にゆっくり公文へ行った~~。
(公文は、3時~7時半?までなら、いつ入室してもいい。)








実は、早くいくと、小さい生徒さんで(といっても小学生)、
機嫌がいいときはいんだけど、悪いときはぎゃーぎゃー泣き叫んだり
床に寝転んだりする子がいるらしく、兄にとっては衝撃で、
深く考えたいときには非常に辛いらしい。








まあ、どんな状況でもやる訓練だーと普段は言ってるんだけど、
一度遅いバージョンで試してみようということに。








すると…








また、別の4年生の騒がしい子がいて、結局うるさかったらしい。








あまりにひどいと、先生が注意したり、隣に座らせたりしている
らしいけれど、比較的”し~~~~~ん”とした状態の時ってのは、
もっともっと遅い時間だけなのかな?(たぶん、中学生が
部活帰りに来るような時間)。








今のところ、それぐらい遅い時間に行く事は考えていないので、
くもんは、”どんな場合でも集中する訓練の場所”と位置付けようか。
(耳栓とか使ってる子供たち、いるのかな。。。)
というか、妹もわからないときは、「わから~ん」と声だして言ってしまうから
”騒がしい”に貢献してるかもしれないし、なんとも…。








とはいえ、実際には、一生懸命集中したいのに、
横でぎゃーぎゃー言われたら、兄はつらいよな~~~とは思うけどwww









ちなみに、ご褒美がかかっている?妹は、家に帰ってから
できなかったプリントをきっちりやり終えましたー。








グレッグのダメ日記 わけがわからないよ! (グレッグのダメ日記 8)
グレッグのダメ日記 わけがわからないよ! (グレッグのダメ日記 8)ジェフ キニー 中井 はるの

ポプラ社 2013-11-21
売り上げランキング : 22360


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
さて、遠足で宿題のなかった兄は、ゆったり読書。お友達に借りた
これを読み終えました~。学校にもそろってるから他のを借りてこようってさ。









How Not to Start Third Grade (Step into Reading)
How Not to Start Third Grade (Step into Reading)Cathy Hapka Ellen Titlebaum Debbie Palen

Random House Books for Young Readers 2007-07-10
売り上げランキング : 30211


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
昨日の読み聞かせはこれ。
今日3年生になるWillの学校に、弟が幼稚園生として入ってきます。
(学校と幼稚園は同じ敷地)。
弟のいるお兄ちゃんなら、わかってくれるよね?的な感じがおもしろいです。





にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

こんにちは。ソラハナです。
公文の教室って異年齢が同時に違うことをやっているから騒がしいですよね。騒がしい中で集中出来るお子さんもいるので素晴らしいなと思のですが、残念ながはうちの息子は先生にわからないところを聞きにきた子の問題を一緒に聞いてしまう、誰かがふざけてたらそれにみとれてる…など周りに気を取られてしまってなかなか集中出来ず…最初はそれでも集中する練習と思って頑張って行っていましたが、4月頃から習い事の関係でたまたま遅い時間に行くようになったら(低学年は2人くらい、その他は高学年〜中学生、全員でも生徒が5〜6人って感じの終わりに近い時間帯です)たんたんと集中して出来るようになりました。そしてかかる時間が半分になりましたよ!その分帰宅が遅くなるので親も子も大変ですが…静かに問題に向かう中学生を見て憧れをもったりもしているみたいです。
お互い大変ですが、公文を頑張る子供を見守り、サポートする!頑張りましょう!
2015/11/13(金) 10:21:30 | URL | #- [ 編集 ]

お兄ちゃん、遠足の後に2時間!
お疲れ様でした。
うちも書き方くもんは木曜日なんだけど
金曜日はちょっと騒がしいみたい。
振替で行くと集中できなかったりするようです。
でも少人数の教室だからまだ大丈夫ですけど
たくさんいる教室だと、集中のも大変でしょうね・・・
それでもプリントやり遂げて帰ってくるんですもの、
頑張りました^^
2015/11/14(土) 07:16:42 | URL | maomao #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ソラハナさん

そっか~~~やっぱり騒がしいといやだよね~。
ソラハナさんのお話聞いてると、ほんと遅い時間帯を
チャレンジしたくなりました。
今度やってみますね。いいお話、ありがとう~~~!

2015/11/14(土) 09:27:24 | URL | Wondermama #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
maomaoさん、

そっか~~~書き方だと、自然と集中しちゃうんだろうか~。
きっと、国算英とは違う雰囲気っぽい。
昼間の騒がしさは小さい子が多いから、必然的…なのかもね~。
ありがとう~。いろいろ考えてみます!
2015/11/14(土) 09:29:27 | URL | Wondermama #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1803-c04211b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。