英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

昨日はアウトドアのイベントに行ってきました~











アウト1
妹、一目見て、”やりたいーーーーーー”!
ってことで、遊んでみました。なんていうんやっけ?綱渡り?











で、後ろを振り返ったら、え~~~~~先生!
知り合いの先生が出展されてました~!
Curious Georgeのレモネード売りのお話(レモネードが飲みたいといったおじさんの
ために、街の人の助けを借りてレモネードを作って売り、、欲しかったサッカーボール
を買わずにレモネードのパックを買って帰った)のように、
小さなことから何かできないか、
っていうことで、先生もいろいろ考えるところがおありのようで…
病気の子供たちへの寄付活動のためのレモネード販売を♪










子供たちも大喜び。こんなところで出会うなんてー!
さっそく買いに行ってきました~~~~!
席に着いて落ち着いたら、兄、「先生とこ、いってこよ~~~!」









なかなか、帰ってこん!
またしゃべってるな~!ご迷惑じゃないかしら。っていってると妹が、
「呼んでくるわ~~~~」って走ってった。













アウト3
なんや、妹も帰ってこーへんやないの~~~
結局行ってみると…














アウト2
”は~い、お母さん!”って兄と妹、販売を手伝わせてもらっていましたー!
先生とは別の方が、「やってみる~?」って誘ってくださったらしい。
ありがたい









レモンカードにメッセージを書いたり、お客さんと触れ合ったり…。
自分たちも何かできる。それが、楽しかったらもっと有意義。
そんな感じだったな、子供たち。













「Iちゃんも、なんか、あれ?あれ?って思うところがあったみたいよ~」って先生。
「なんだか、いまいちわかってないですよね?笑」って私が言うと、
「そういう年頃の方が、何かしら感じるのかもしれませんね~」って。









なるほろ~。年相応でなくてもいいよね~確かに。
妹はどっちにしろ、兄についてって一緒に参加したら、
何でも年相応じゃなく、かなり先取りになってしまう。
あやふやなりに…
でもそうやって、学んでいくっていうのもある気がする。











兄はね、やっぱりいろんな意味で楽しかったみたい。











アウト4
屋台もたくさん出ていて、いっぱい食べました~!
働いた後のけずりいちごは、おいしいな~の図










にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1719-1ff6dd16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック