英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

台風が吹き荒れた昨日、実は兄の遠足の日だった。
がっかりして行ったら、先生、遠足の練習~とかいって、
机をがさーっと前に寄せて、地べたにレジャーシート敷いて
お弁当食べさせてくれたんだって~~~。
兄のお怒りも幾分収まった様子








で、今日は妹の遠足。めちゃくちゃいい天気~~
河川敷を、春の草花を探しつつ歩くらしい♪
兄「ええな~~~!延期が2週間後って~~~!」とまだぶつぶつ
かわいいもんです








さてさてそんな子供たちと一緒に図書館へ行ってきました~。
一緒にいくのは久しぶり。
兄が、まっさきに「歴史本どこ?」と聞いて、その棚を見つけたら、
ずっとそこだけ。前に座るテーブルがあったら、ずっとそこで読書。








そんな光景みたことなかったから、以前一緒に図書館に来たのは、
まだ歴史にハマる前。もしかしたら1年以上一緒に来てないのか…。








娘の選ぶ本もかわっていました~。
絵本コーナーは靴を脱いで上がるんだけど、そのときは靴を脱がず♪
兄と同じ並びの児童書コーナーにはりついていました(笑)








マヤイのたんじょうび (わたしまじょですマヤイです (1))マヤイのおもちゃやさん (わたしまじょですマヤイです 4)マヤイのとけいやさん (わたしまじょですマヤイです (5))マヤイの花やさん (わたしまじょですマヤイです (3))
娘が借りたのはこのシリーズ。魔女の女の子のお話。
昨日、学校の図書の時間に借りたのも魔女の話だから、
娘の中でちょっとした魔女ブーム?
魔女っ子メグとか、ときめきトゥナイトとかなつかしいな~








まあ、このマヤイシリーズ、妹にとっては、ちょっと深呼吸して
微妙にがんばってよまないと…っていうぐらいの長さらしく、
たくさん借りたのはいいものの、あまり手をつけていません。
最初は読み聞かせするかな








1年生になりたてのころ、ほとんど読めなかった兄が、後半になって
ほねほねザウルスに出会って、一気に読めるようになったってのが
あるから、妹にもそういう本に出会ってほしいな~しかもそれが、
シリーズものであってほしいなあと密かに思っております








そんな兄が借りるまもなくその場で読んだのが、このシリーズ↓↓








オオクニヌシ 青雲編 (マンガで親しむ出雲神話 2)オオクニヌシ 建国編 (マンガで親しむ出雲神話 3)
この辺の神話も好きな兄です。このあたりの登場人物も、トレーディングカードに
登場するんですよね~。そこから~~。
もちろん全巻借りてかえって~~








世界の歴史 (7)  チンギス=ハンと李舜臣 : 宋・明とモンゴル帝国  集英社版・学習漫画世界の歴史 (11)  市民革命とナポレオン : イギリスとフランスの激動  集英社版・学習漫画
これも。まさか~!あの義経がチンギスハンに~!?ロマン溢れてるようです(笑)








幕末・維新人物伝 吉田松陰と高杉晋作 (コミック版 日本の歴史)
幕末・維新人物伝 吉田松陰と高杉晋作 (コミック版 日本の歴史)すぎた とおる 瀧 玲子 加来 耕三

ポプラ社 2009-03
売り上げランキング : 113291


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
学校で借りてきたのはこれ。
大河ドラマの世界~?兄は4年生になって校舎が変わったんだけど、
そこの図書室にもこのシリーズが少しだけあったらしい。
まだ好きみたいだな。









並行して読んでいるのがこれ~。
1巻面白かったって~。









その他、くもん文庫でも先生おすすめの本で、読んでみよう~って
約束?してきた本もあるし、家でも歴史モノを中心に読んでいる。
とは言っても、ほとんど学習まんがやしな~~~
でも、本読むのが嫌いだった私よりは、ぜんぜんいいか~~。
なんて思ったり。








私もスキマ時間で自分で本読んだり(二人も読み始めたり…)、読み聞かせしたり。








いま完全に日本語本が優位で、英語は細々としてるけど、
こっちもぼちぼち続けます。





にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1697-c7296532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック