英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

兄、学校の授業で、大阪くらしの今昔館へ行ったらしい。













今昔館1
昔へタイムトリップできるここ、クイズ形式で昔の道具を学んだって~。












そして、雨で延期となった”七輪でお餅を焼く日”が今日。
でもまた雨??最近雨多いな~
無事、できますように










そんな兄と先日、始めて大河ドラマ「花燃ゆ」を見ました。
明治維新を生き抜いた、吉田松陰の妹「文」のお話。









というのもね、たまたま日曜日のお昼、「歴史にドキリ」という
小学六年生対象の歴史番組を見たからで♪








歌舞伎俳優の中村獅童さんが、毎回きまざまな歴史上の人物に扮し、歌って踊って楽しいお芝居で歴史学習へいざなう小学校6年生向けの社会科番組なんだけど。









獅童さん、









今昔館2
北条政子









今昔館3
卑弥呼










笑笑










女性ばっかりじゃないけどね









たまたまこの前の日曜日の「歴史にドキリ」が、大河ドラマ特集だったので、
じゃあ、「花燃ゆ」みてみよう!ということに。










すでに第4話になっていましたが…
鎖国という今では考えられないような状態の中、
日本を守るには、世界を知らなければ…と、外国の船に乗せてくれ!と
直談判する吉田松陰の様子…ちょっとこころを打たれてしまいました。
(あくまでも、主人公は妹の「文」さんですけど♪)









兄からも質問がいっぱい飛び交い、じっくりドラマを味わう感じではなかったのですが、
兄もそれなりに 興味をもったようです。










これからどうなっていくのかな。その日東京にいたパパにスカイプで
「いま、吉田松陰見てた~~~」っていう兄に、パパ、なんと、














吉田松陰: 「日本」を発見した思想家 (ちくま新書)
こんなの、見せてきました~~~~~笑笑









ぐふふ。奇遇です!












幕末・維新人物伝 吉田松陰と高杉晋作 (コミック版 日本の歴史)
幕末・維新人物伝 吉田松陰と高杉晋作 (コミック版 日本の歴史)すぎた とおる 瀧 玲子 加来 耕三

ポプラ社 2009-03
売り上げランキング : 15468


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
じゃあ、兄はここからいきますかね??










ちなみに、吉田松陰の若かりし頃は、”寅次郎”という名です。
妖怪ウォッチの「とらじろう」とシンクロさせるのはやめてください









にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1602-629d924b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック