英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兄の発熱も結局夜中だけで、朝から微熱⇒平熱へと順調に回復。
一応マスクをつけて、夕方の劇練習に向かった次第です。
(その後も大丈夫そうです♪妹も私も元気です







さて、昨日、その劇練習までの家にいる時間、どれだけの英語を話したか…
どれだけ英語環境だったかといいますと…








正直私自身は6割…というところかな。








感覚では、私は、ほとんど、9割ぐらい英語やったで、と思ったりするのですが、
子供たちの実際はそうでもないんでしょうね。
日本語で、算数や公文(国語や英語)のワークもしたし、
日本語のDVDも見てたから差し引いて6割。







普段は英語でしゃべる私が、子供たちの日本語の応酬に必死にこらえて
意識して英語を話したので(どんだけーーー!)、子供たちが根負けしたのか、
彼らの英語も増えました(笑)







こういう言い方してもわからんやろーなんて思うと、
すぐに日本語に切り替えてたんだけど、それも昨日は英語で通してみると、
案外わかってるんだなーってこともあったりして、新たな発見でした。








逆に、全然わからん!ってことももちろんあったけどねー
「日本語で言うてー!」って(笑)







それでも簡単な英語に直したら通じたから、やっぱりそういうことが
大事なんだとひしひし。







まあ、そうやって簡単な英語に咀嚼する間に、子供たちが飽きるっていう
パターンもあって、"Are you listening?" "Aren't you listening?"
って聞き返すこともあり(笑)、私の簡潔な説明力も求められるということを再確認。








私も初心に帰って英語(というか、国語力か…笑)を磨く鍛錬の場とさせて
いただこう










Games Flash Cards (Brighter Child Flash Cards)
Games Flash Cards (Brighter Child Flash Cards)Inc. Carson-Dellosa Publishing Company

Brighter Child 2011-02
売り上げランキング : 28378


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
久しぶりにこれも出してきて遊んだ♪
子供たちの英語を引き出すには、ゲームが一番だな。
必死になるから、出てきやすい









しかし、このシリーズも高くなったな~~~洋書全体にあがってるけど!











Tell Me a Scary Story...But Not Too Scary! (Byron Preiss Book)Skeleton Hiccups
こんな読み聞かせもねじ込んでみたよ









「英語の日」、時々やってみよう♪




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1529-92958615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。