英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は大阪府赤十字血液センター面白ゼミナールへ行ってきました







毎月、英語のお仕事に行くときに車で通る道、徒歩で気づくかな…








いつもここを左折するとき、この人が見えるのよね↓↓








ち9
その名もけんけつちゃん♪(道路の看板でね。)
いとこが、けんけつちゃんのぬいぐるみを持っていて、それ以来ここを通るたびに
見てしまう子供たち






あ!兄が気づきました!英語行くとこやん!
そのとーり~♪








さてビル内に入りまして、ジュースを一人一本ずついただいてお席に着いて♪







アニメーションのスライドを見ました。
それに沿った子どもが書き込める資料も渡されました♪
けんけつちゃんとドクターブラッドが血液、献血について教えてくれました







次に実際にセンターの中を見学です。








採血した”血”ってそのまま使うんじゃなく、赤血球、血小板、けっしょうといった
要素に分類されるということを学びました。







ち7
洗濯機のような遠心分離器にかけて分けられます。
すると一番重い赤血球が一番下、血小板、血漿とはっきりわかれるんですね~
<図は重さの勝負の図。赤血球が一番重たい>
こうやって3つに分けてみると、「けっしょう」はマンゴージュースみたいな色してた。
”赤血球製剤”と”血しょう製剤”に分けられ、それぞれの用途に応じて使われるそうです。







ち6
ぎざぎざのついてる白血球は、患者さんの副作用にもつながるため
排除されるんだってー!








ち8
これは血液型別に。どこでも共通の色を使っているらしい。
「青ください!」といえば、必ずO型ですって。










ち5
その後は緊急車両に実際に乗せてもらい、「きんきゅうしゃりょー、とーりまーす!」
兄、恥ずかしそう??妹、マイク好きだからねー








ち4
献血バスの中も見学させてもらいました。








これは興味深い!
近いうち、英語で復習材料を作ってみよう♪








さて~
血液は保存期間が短いため、とりだめできません。
16歳になったらみなさんぜひ、献血を~~~!








そういう私は、貧血症。年々ひどくなってるな
昔献血しないほうがいいだか、献血はね~とやんわりだめと言われたか
忘れたけど、それ以来行ってないなあ。
ここらあたりで、2週間貧血の薬を飲んで改善されるか見てみよう!って
言われてたの忘れてた…。夏休み明けの課題だな…。






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://wondermama97.blog.fc2.com/tb.php/1463-cb67a25f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。