英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、4年生の兄と1年生の妹の日常をつづっています♪

※昨日の続き→無事、校門で待っていた妹と会えました♪♪







さて、兄さんの公文の算数。








なんだかんだで、昨日Fの終了テストに合格したんだってー。
へ~バスケがあって、遅々として進んでないと思ってたけど、
ようやくこれで小学生の算数終了。








今日から、算数→数学に一応入るわけだ。
公文は国語から始めてH(古文手前)までいったところで、
今年の夏休みの1ヶ月は算数をお願いしたら、そのまま算数が
続行することになって、8ヶ月。4.5.6年の計算をざっと
やったことになるー!









計算遅いからー!と思って1ヶ月見てもらったけど、
いや、そうでもない!笑
なかなかに早いというか、早くなったのか。
やはり日々の訓練というのは、どの分野でも大事だと言うことだね。










6年生は、もうすぐ実力テスト(算数、国語)を控えている。
公文が算数の全てでは決してないし、いろんな問題をこの機会に
解いてみたらいいなと思う~!










妹はというと、I を進みながら、時々先生からH2の復習を
申しつけられる。でも、それでいいんたー。These daysとか
忘れてるし♪♪復習は大事だよ。








そして昨日から、理科の教科書の音読を始めた。
もう少しつきあってあげたいなーと思う~♪









さて、今日もがんがん訳していかないと~!がんばろう~!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
兄の公文、Fの終盤をもらってきたら、四則演算の最終形?
中学入試の問題らしく、何やら有名校の名前がずらり...
へ~~~楽しく挑んで欲しい♪♪









何より、私に計算問題を作って挑んでくるようになった~
面白い








妹は、無事 I へ進級~~~!
I のポイントはなんと言っても、現在完了と関係代名詞。
これをどう”感覚で”自分のものにするか...。
ある意味、公文に頼らず、本読み、会話の中に取り入れて
”感覚をつかむ”♪♪









前々から気になってたんだよね。
会話の中で兄に、現在完了を使っても、すーっと頭に入るのに、
妹には、何というか...現在完了を使った途端、解らなくなる感覚...。









一番は、読み聞かせの量の違いだと思う。
兄に1日1~2時間読み聞かせしてた年長さんの時期に、
もちろん、現在完了なんてわからないけど、
ストーリーの意味はすんなり理解してた。
それ以降、時々確認?しても、あーわかってんだなーって思えたけれど...








妹は、こういう長時間の読み聞かせ時期がほぼゼロ。
それの違いだろうな~。
まあ、今からでもいいさ








公文英語のI をもらってきたけれど、
I と Hの違いは、見た目にほとんどない。
字の大きさも、空欄の長さも変わらない様子。
妹も抵抗なく入って行けそう










でもまあ、今後Hに戻って復習も、それはそれでいいのだと思う。
解らないところは、どこまでもフォロー。Gは3往復したからね(笑)








とはいえ、とりあえずは前を向いて。
J になると、たのし~~~読みが増えてくるそうだから、
そこまで頑張ってフォローしようって、やっぱり親のモチベーションも上がる♪
次なる目標は、ちょうど夏休み明け、Jへの進級だな









にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
あ~兄、公文のプリント、もっともらってくればよかった...。
バスケ、お休みしたからなあ。









去年の夏ぐらいだっけな?算数に切り替わったんだよね。
国語が古典手前まで行って、どうするか...ってところで、








何気に、夏休み、(遅い)算数の計算を!とお願いしたところ、
なんだか、そのまま算数がずるずると。









とはいえ、即効性抜群!
「計算、クラスで一番速いデ」とな。兄の主観的意見だけど
4年生の計算から始めて、今6年生の終わりぐらいのプリント。
まあ途中、べらぼうに間違ってたけど、最近は精度もちょっとはましになったか。
そして量はやっぱりこなせるよね~公文。









公文とのつながりは、ある意味、国語でも算数でもいいと思っている~。
私の中で、先生とのつながりが一番大事で。









ってことで、算数は早く中学生のところに入ってもらって...
どんどん解いていってもらいたい











公文1
妹の公文英語は、ついにリーチ!!
H2の195までいった。あと5枚。Reward Chartも楽しく
シールが増えてった-!
今日の公文でH2終わるかな?
間違いもあるけど、妹なりによく出来てると思うけどな...
復習を言い渡されたとしても、とりあえずの区切りww
目標に合わせて、Reward Chartも作り直す~~










このところ4年生のお姉ちゃんに、早くJまで上がっておいで~
みたいなことを言ってもらったらしく、うれしそうだった。
算数、国語、英語、みんな一緒にやる公文の教室でも、
英語チームみたいなのが自然とできるのかな。
いい目標となるお姉ちゃんがいてくれて、うれしい。









あとは、変わらず毎日たんたんと♪
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
妹のくもん英語。
H2の100に到達し、これで以前の自分を超えた形♪
逆にいうと、よく去年、わけもわからずここまで来てたな









ほんと、先生、戻ってやらせてくれてよかった。
1ヶ月休んでよかった。
今なら、難しい部分もありながら、納得して進めていける。
書くのもかなりスラスラ感がでてきた~









これで、2年生の終わりまでにH2を終わらせられる~!
その後もう一度H2の復習になるかもだけれど、
目標としては、3年生になるまでにIへ進みたい。








そうなると、3年生の10月ぐらいから英検3級を受けてみてもいいかな?
なんとなく...。








そんな妹。自分のタブレットで言葉検索にはまっている。
ってことはローマ字なわけで...。
3年生なったらローマ字を習うけれど、一足先に興味本位で
やってる~~。英語の読みとは違うからね~ただいま苦戦中。
兄はローマ字をやったおかげで、英語の読みが加速したけれど、
はてさて、妹はどうなるかな。
しばらくは、「ぜ」ってどう打つ~?に付き合うとしよう。








にほんブログ村
兄の公文、ずっと国語をやっているんだけど
時々算数になる(笑)
というか、算数に切り替わった。









実は、国語もかなり難しく古文手前というところまで
来ていて、兄のモチベーションが下がっていた夏休み(限定で)、
算数を追加してみた。すると、遅かった計算がぐんぐん速く
なり、いいんじゃないか?ってことになり...








でも2教科はしんどいなってことで、とりあえず算数を
継続することに。というか、そうなってた、笑
(私としては、この公文は、先生とのつながりが一番
大切で、その次に何をやるかという内容なのです...)









今、6年生の中盤をやっているみたいだけど、
分数の四則演算。
さすが公文。計算が随分速くなったのと、量をこなせる
ようになった~!(ようまちごうてるよ~









そうなると、英語に切り替える期間があってもいいんじゃないか?
って欲が出たり。








兄、英語書けないしなあ~笑
笑えない。妹より書けないだろうなあ。
まあ、そりゃそうだ。書く英語はしてこなかったから
兄を責める筋合いはなく、事実として。









とりあえず算数は中学1年生の分ぐらいまでは
いってほしいので、その辺は毎日のスピード&量と相談だな。









こうやってどんどん進んでいけるところが公文のいいところだな。
次は6年生だし、いろいろ考える~!(受験はしないけど...)








妹は、相変わらずムラがあり、今まで得意だったストーリーが
おっくうになって、それがタイムに顕著に現れたり、
がっと集中したり。ほんと、感情で勉強してるんだよねー。
子どもだからしょうがない?私もそうだった??
うーん、まあねえ。性格もあるよね~~。
好奇心だけは人一倍あるから、そこを伸ばすべきか...。
妹~~まだまだ未知数だ-!!




にほんブログ村