英語子育てでいろんなことがみえてくる

ママは翻訳者。子供たちへの超テキトー育児改め、いろいろ工夫してみることにしました♪英語は手段。英語力そのものより子どもたちとの”あそべんきょう”を中心に、6年生の兄と3年生の妹の日常をつづっています♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DMM英会話の更新日まであと1週間です。











Everybody Up 3
Everybody Up 3Patrick Jackson Susan Banman Sileci

Oxford Univ Pr (Sd) 2011-10-09
売り上げランキング : 310620


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この1か月(or more)1人の先生に、このテキストをがっつりやってもらっていました。
あと2レッスンでこのテキストも終わり。
あああ、間に合わないか。。。











更新はしないつもりなので、途中で終わっちゃうな
テキスト上手な別の学校の先生にお願いしたいけど、取れるかな。










Let's Go3も合わせてレベル3を2回やって(前者と後者は出版社も同じで
レベルも合わせてありますね。)そろそろ、レベル4に移行できそうです↓↓








Everybody Up 4 Student Book with CD Pack
Everybody Up 4 Student Book with CD PackSusan Banman Sileci Patrick Jackson

Oxford Univ Pr (Sd) 2011-09-02
売り上げランキング : 1425189


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
車の中でかけ流し予習中。こちらもチャンツを口ずさんでいます。
このテキスト、2往復したいな。







とはいえ、フリーレッスンも恋しくなっているアニキ。
また、アニキの好きなトレーディングカードの英語版(しょぼい…)作るか(笑)
夏休みは柔軟にいろいろ取り入れてみようと思います。










さて、国語のワークブック、論理エンジンの後は何がいいかと思っていたら、
送られてきた、分厚い封筒。










アルゴの教室から~♪
でも今回は、夏休みの”リトルクラブ”のテキスト(国語・算数)でした。










サマーリトルっていうんですかね。四ツ谷大塚のテキストです。
アルゴ生は、同じ系列なので手続きもスムーズ。











春休みに3日間コースを受けたんですが、面白かったんです!










母が!(笑)
私が!(笑)










国語大の苦手な私が、国語を教えるってどうしたらいい?
と漠然と思っていたものが解消された大きなステップでした。
その後、論理エンジンを(2年生になって1年生の分から)実際に
初めて、2年生分まで終了。今に至ります。











先取りはしていない我が家ですが、習ってなくても解ける問題があったり、
これぐらい難しそうなものでも、難しいという親の固定観念を捨てて
子どもにやらせてみたらいいんだ~っていう発想もいただけたり。










親が子の学習にどうつきあっていくか。まだまだこういう部分がすごく
大きな時期だと思うので、本当にやってよかったなと思いました。
実際、テキストもおもしろかったしね。











中学受験はまったく考えていませんが、中学受験の勉強は面白そうなので
(実際に、花まるの先生が面白いよ!って言うてはったのもあるけど…)
遊び心満載で今後もやってみたいと思います。











てな具合で、夏も”リトル”を申し込んでみました。
夏休みは1日とばしだから、まだ楽だな。
しばらく国語、算数は、”リトル”中心でやってみよう。











<昨日の読み聞かせ>
好奇心をそだて考えるのが好きになる 科学のふしぎな話365 (ナツメ社こどもブックス)Sid the Science Kid: I'm Not Afraid of the Dark! (I Can Read Book 1)




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。